2017年2月16日木曜日

2月16日放送 森の国まつの通信!『ヒガシヤマ』

えひめまるごと15分 森の国まつの通信!!!


2月16日放送 『ヒガシヤマ作り名人 井上さんご夫婦』を紹介します!

四万十川の主流の1つ、広見川の近くに家や畑がある
延野々地区の井上 博市(ひろいち)さん、光代(みつよ)さんご夫婦。

井上さんご夫婦は野菜や花もたくさん道の駅 かごもり市場に出されてます。
そんな中でも出すとすぐに売切れてしまう『ヒガシヤマ』を作ってるところにお邪魔しました。

秋に取れたさつまいもを倉庫で甘味が増すのを寝かせて、保存してました。
寒い北風が吹きはじめたら、皮をはぎ、大きな釜でたっぷりのお湯で茹でます。
茹ではじめたら火の加減を見ながら、お湯が減ったら足したり、およそ4時間くらい付きっきりです。
湯だったら釜にさつまいもを入れたまま、一晩置きます。
 
次の日、その茹でたさつまいもを丸いまま一日干します。干せたら厚さ1.5センチくらいに
切って干していきます。このとき、さつまいもが重ならないようにずらして干していきます。



 
 
 
 
毎日、この干しているさつまいもを、ひっつかないように裏返します。
そして、ここで井上さんのこだわり!さつまいもを茹でたときのゆで汁を煮詰めて
干しているさつまいもに1つ1つ塗っていきます。こうするとヒガシヤマができあっがた時に
つやつやで、甘さも増すそうです。てまひまかかってます。






このつやを見てください!!!ピカピカです!
『てまひまかかっとるけんね』
『作りよる間は天気にも左右されるし、どこにも出かけれんのよ』
と井上さん。納得です。


~松野町からのお知らせ~

2月26日 日曜日 第63回不器男忌俳句大会が松野町コミニティーセンターで行われます。
作品の募集は終わってますが、観覧は無料ですので、ぜひおこしください。

3月12日 日曜日 第51回愛媛県クラブ対抗駅伝大会が行われます。
ただいま参加チーム募集中です。締め切りは2月21日になります。

2月28日 火曜日 『お母さんレストラン』が開かれます。
地元のお母さん達が、郷土料理を中心に松野町の食材を使ったランチバイキングなんです。
そろそろ春の山菜も使われてるかもしれませんよ!

~以上、松野町からのお知らせでした~


 
今回、お話を聞かせてもった井上 博市(ひろいち)さん、光代(みつよ)さんご夫婦と。
『かごもり出してもすぐになくなるけんね。ヒガシヤマは人気よ』と言われてました。
井上さんの新鮮野菜やヒガシヤマは道の駅 かごもり市場に出されてますよ。


次回、2月23日の森の国まつの通信は『革製品を作る平井さん』を紹介します。
お楽しみに♪

てまひまかかってできた『ヒガシヤマ』ぜひ食べに来てみちゃんない☆

2017年2月15日水曜日

2月15日 『お母さんレストラン』

えひめまるごと15分 森の国まつの通信!

2月14日 火曜日 
今日は道の駅虹の森公園のレストランで行われた『お母さんレストラン』の様子をお伝えします。


毎月2回、第2,4火曜日に行われている『お母さんレストラン』。
地元のお母さんたちによる郷土料理がお腹いっぱい食べられるランチバイキングです。
食材もお母さん達がこんにゃくなど手作りのものもありますよ!


これは鶏肉を松野町の特産品のお茶で味付けして、煮てある「茶目っこ鶏」です。
さっぱりとあっさりした味でいくらでも食べられます♪



順番で前日から仕込みや準備をしているそうです。
作る量も品数も多いので大変です!!!




姉妹で作ってる方もいます。
毎回喧嘩になるそうですが、いつもお姉さん(左)が折れてくれるそうです(笑)。
みなさんワイワイとここで作ることが楽しみになっているそうです。




これはばら寿司を作っているところです。量が多いのでまぜるのも大変です。
14日はこの大量のお寿司も残りませんでした。




天ぷらやかき揚げも揚げたてが出されます。
今回はヨモギの天ぷらも。これから春の山菜や新芽も天ぷらに出すよと言われてました。




デザートも色々出されるのですが、14日はバレンタインなのでチョコレートケーキが出されました。
この後に中学芋も出されましたが、女性の方から歓声が上がってました♪



どの料理もおいしくて、バイキングなのでお腹いっぱい食べられますよ!
調理もベテランのお母さんたち、季節の食材も使ってますよ。

人気のランチバイキング、席を予約していくことをおすすめします!
これからの季節の食材も楽しみなバイキングに来ちゃんない☆



2017年2月9日木曜日

2月9日放送 森の国まつの通信!『山菜取り名人 貴ちゃん』

えひめまるごと15分 森の国まつの通信!!!

2月9日放送 『山菜取り名人 貴ちゃん』を紹介します!


愛媛県と高知県の県境の上家地地区で去年から農家民宿も始めた
勝浦 貴子(かつうら たかこ)さんを紹介します。

私の幼馴染でもある貴ちゃんは、県外に出てましたがゆっくり生活がしたい、
実家の農業をしていきたいと、とっても働き者です。そんな貴ちゃんは山菜取り名人です。
 
今回は山菜でも収穫が早い、春を知らせる『ふきのとう』取りに連れていってもらいました。
ふきのとうは、茎を食べる「ふきの花のつぼみの部分」になります。
小さい出始めのタイミングが大事です。タイミングを逃してしまうと大きく育ってしまいます。



今回は貴ちゃんに連れられて、2ヶ所回ってみました。ありましたよー!
ふきのとうは毎年同じ場所に生えてくるそうです。



今回は採れたてのふきのとうを『天ぷら』にしてもらいました。
今年初物です!サクサク!おいしいですよ♪ほろ苦さが春を先取りです。



そして、貴ちゃんは農家民宿『おんごく』もしてます。
松野町の中でもここでしかできない体験などたくさんあると思いますよ。
季節やタイミングが合えばふきのとうや山菜を一緒に採ったり、
それを食べることもできるそうです。

~松野町のお知らせ~

2月26日 第63回不器男忌俳句大会が行われます。作品の募集は終わりましたが、
当日の観覧は無料です。ぜひ、みなさんで俳句を楽しみに来てくださいね。

また、3月12日に行われる第51回愛媛県クラブ対抗駅伝競走大会が
松野町を会場で行われます。ただいま参加チームを募集してます。

~以上、松野町からのお知らせでした~







今回、お話を聞かせてもらった貴ちゃんと。
ハーブや珍しい野菜を育てたり、元気な農業女子です。これからも応援してますよ!

次回の2月16日の森の国まつの通信は『ひがしやま』作り名人井上さんを紹介します。
こだわって作ってますよ!お楽しみに♪

春を告げる山菜もたくさん採れる松野町に来てみさいや☆